FC2ブログ

如月に西に行く。 その13

2月13日。

今回の宿泊は朝ごはん付きプラン。この日も忙しいので食堂オープンと共にいただくことにした。
客が日本語話さない人ばかりでした( ;谷)
おかずにもつの味噌煮込み(完全にどて焼)とかおでんとかあって余裕で朝から呑めるぞコレ。
隣にクチャラー且つ肘ついて食べる女が来てしまったので退散した。ほぼ食事終わってたのでよかったわ…。
食事中に行儀悪いの大嫌い。

用意して宿を出て阪急梅田へ。
京都・東山に向かいます。
なんかずーっと阪急乗ってるし特急ばかりだし。
この辺りすごいうろついてる感がパネェ。
梅田から烏丸四条まで行き京都地下鉄烏丸線に乗り換えて烏丸御池。乗り換えて京都地下鉄東西線で東山まで。
相変わらず京都の電車とバスはわかってないが、東西線に乗ると滋賀に近付くのだけはわかった。

改札で野球友のAさんと落ち合う。
Aさんがナビゲートしてくれます。ありがたやありがたや。

目的地に向かう途中に平安神宮の大鳥居を見ながら。
20160213001-1.jpg

先ずは細見美術館で春画展を見ます。
東京で開催されてた時はばたついてそれどころじゃなかったのでとても悔しくて。
しかし京都でやることを知ってこりゃ見に行かないと!となりました。
行ってよかったねぇ。Aさんとすごく盛り上がりました(盛り上がっていいのかわからんが)。
見方はそれぞれだから真面目な顔して見ている人には煩わしかったかなぁと思います。
でも春画だもの、笑って見た方がおもしろいよ。ないわーないわーってさ。お琴プレイとか言ってる男性も居ましたしねぇw
肉筆もいいけど、ぼかぁ江戸時代の版画好きだよ。着物や小物の時代の移り変わりもおもしろかった。
実に大らかで好きだね。
20160213001-2.jpg
当然中は撮影禁止。
細見美術館はこじんまりしているけど造りがおもしろいし吹き抜けにテラスがあったり風通しがいい感じがすごく気に入りました。
↑このポスターと同じ絵柄の手拭い買った。

細見美術館公式サイト ⇒




折角なので平安神宮に足を運んでみた。
フリーマーケットやっててあちこち見て回ったり。素敵なバッグあったなぁ。しかしバッグばかり増やしてもダメなので我慢。

應天門を潜り大極殿で参拝。砂利は歩き辛いですなぁ。
大極殿と清龍殿。手前の見切れてるのは神楽殿。
20160213001-3.jpg
御祭神は桓武天皇と孝明天皇。
ご創建が明治28年だったのね。もっと古いものかとばかり思っておりました。

あ、そうそう。結婚式やってた。
集合写真撮ってたよ。

御朱印をいただいて應天門の裏をパチリ。
20160213001-4.jpg

應天門を表から。
20160213001-5.jpg

しかし平安神宮なんて中学生以来だわ。
平安神宮公式サイト ⇒




京都市美術館。工事中。外観見ただけですが。
20160213001-6.jpg

京都市美術館公式サイト ⇒




では次の目的地へ。


つづく。
関連記事
スポンサーサイト



コメント 2件

コメントはまだありません
ぴよ社長

京都、奈良の寺社仏閣の大きさには
目を見はるものが!
東北にこういうスケールはないです。
門だけで、この大きさなんですよね〜…すごい。

春画展、もりあがりましたか^^
見た事がないのですが
だれといくか、考えただけではずかしくなってしまう
きゃー

さかした
★ぴよ社長さん

コメントありがとございますー。

京都奈良は都ですからねぇ。
なんかでかいです。
でも細々したお宮さんやお堂さんも多くて。
とーほぐでも鹽竈神社は大きいですよ。瑞鳳殿も充分広いと思いますし。
都は社寺の数がとーほぐより多いんですよ。とーほぐはどちらかというと城のイメージの方が強いかなぁ。
あー、従兄がおらいんの神社連れてってやっからと言われてそのままになっているのを思い出しました。
おらいんのというくらいだから小さいものだとは思いますが。つかなんでお宮さん持ってるんだ( ;谷)

春画展よかったですよー(・∀・)
仙台辺りでもやったらいいのに。
多分そんなに恥ずかしいものじゃないと思います。
ゲラゲラ笑ってたもんw 照れ隠しとかじゃなくてね、なんでこのデッサンで描いちゃったんだろとかそんな感じw