FC2ブログ

Time goes by

20141204001.jpg
背の高い木々達の葉はぼちぼち枯れて落ちているが、遊歩道の植え込みの灯台躑躅が今とても美しい紅色となり毎日楽しませてもらっている。


ネットで仲良くしてもらってるねえちゃん(いい女でいい母ちゃん)のブログ記事を読みながら思うところがあった。
周りは何かを自己表現し始めているが自分は何をしているのか焦りがあると。
きっと彼女はそんな時期なのかもしれない。
違うことで自分自身も焦りがあった。
不安定な職に就いてリーマンショックで仕事が激減して派遣法の改正で更に激減。ついでに歳も食っちゃったしな。
周りと合わせることが出来ない焦り。
ここでいう周りと合わせることが出来ないっていうのはほとんど遊びに出られないって意味で。
生活第一なのでしょっちゅう遊びに行けないけど、たまにはね。
友人達の顔見るだけで結構幸せなんだけど、それが出来ないって苦痛だわ。
仕事は生きて行くのに必要だからどうにか探して就いてもそこがダメだったり元がダメだったりでなんか荒んでました。
ダメなところで何故か重宝がられてもっと仕事させられるという悪循環。
3社会社勤めしたけど、内2回仕事で体壊してるので(オーバーワークのおかげ)無理出来ないのよ、もう。
また心臓パンクさせるわけにはいかない。
荒んでも必死で仕事探して今の職に就いた。いつしか丸2年居る。
周りに負けても全然かまわないんだけど(やることに対しては周りなんか眼中にないマイペースさんだし)自分に負けるのだけはすごく嫌なのよね。だから必死だった。
もがく時はがっつりもがいていいと思う。抜けた時は呆気なくすこんと抜ける。
だからここ2年は電車以外ではわりかしフラットに過ごしていると思う。

ある時期から時間が迫ってきているんだなと自覚するようになった。
だからやりたいことやりたいしいっぱい吸収して削ぎ落としたいものはどんどん削ぐという作業を脳内で行い実行している。
人との付き合いもそうね。
沢山の人が目の前に現れて付き合いましたけど、結局何が必要なのか考えたら消去法で付き合いをやめた。だから友達少ないw
昔から言ってるんだけどgiveだけの人とか欠席裁判好きな人とか無理なんですよ。
流すのが下手すぎて。


荒んでる時も楽しむ時は楽しんでた。
4年前のやりとりがとても楽しかったのを今日思い出させてもらった。
言葉知る友人達とのやりとりは今も宝物だ。
楽しかったから寂寥感を味わう友の気持ちを汲んで自分自身も扉は開けないようにしたいと思う。
でもたまに開けるぞ。そこまで気ぃ遣いではない。それもこじ開けてやるw
あっという間に4年も経ってしまったのだよね。
その4年の間に父が亡くなったり仕事で荒んで暴れそうになったり合間縫って旅に出たりやっと仕事が落ち着いたりでした。


やりたいことのひとつに大学に復学することがあったけど(社会人大学生だったけど金が続かなくて辞めた)、こっちは諦めた。
震災を境になるべく見たいと思ったものを見に行くという気持ちの方が勝ったから。
金が余るくらいの余裕が出来たら復学したいと思う(無理だな、こりゃ)。


さて、今冬も今日から大投手の登板です。
当然完全試合ですよ。ふふ。
20141204002.jpg
関連記事
スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません