FC2ブログ

大阪・神戸を歩く(2日目・その2 須磨寺Side-A,B)

高速長田からまた電車に乗って移動。
山陽電車の特急の次が各停。行き先は各停の駅。でも特急に乗ってみる。

月見山で降りて各停待ちをしてみた。駅は外だから暑いんだけどさ。素直に地下の駅である高速長田で各停待ってりゃいいじゃん。
でもさ、駅名が素敵でどんな駅か見てみたかったから。
…田舎の駅でした(褒めてるんだよ)。
月見山っていい名前だなぁ。在原行平が隠棲時に秋の月を眺めた場所が由来とか。
氷見線の雨晴くらい好きだな。

各停が来て乗って1駅。須磨寺で降りる。
ええ、駅名通り須磨寺に行くんですよ。
線路渡って改札へ。
20130803019.jpg

須磨寺前商店街を歩いて。並んでいるお店があったなぁ。お寿司屋さんだったかな。
20130803020.jpg

横断歩道を渡ってもうちょっとで須磨寺というところでカメラのレンズプロテクターとキャップがいきなり外れたんですよ。
本気でびっくりした…。ヒイィィィ!!(゚ロ゚ノ)ノ ←ほんとこんな感じで

正覚院のノウゼンカズラ。この花見ると夏だなぁって思う。
お寺はすぐそこ。
20130803021.jpg

仁王門。
20130803022.jpg

唐門。階段は結構急かも。
20130803023.jpg

本堂。
あ、お寺さんの正式なお名前は上野山福祥寺です。
20130803024.jpg

本堂の対面におみくじ結ぶところがあるので、これに結んでくださいね。
孫悟空かわいいw
20130803042.jpg

護摩堂の右の方に滝があった。
20130803025.jpg

奥が義経腰掛けの松、手前が敦盛公首洗いの池。
20130803026.jpg

首洗いの池の蓮の花を撮ろうと思ったらきんととさん達が出てきた。サービスいいね。ありがと。
20130803027.jpg

三重塔。
塔敷地に四国八十八カ所お砂踏み霊場があって各札所の砂をガラス越しに踏んでお参りが出来るそうですよ。
わしはやりませんでしたけどね。
20130803028.jpg

御住職がおもろいお寺にしたいってことでおもろいもんを。
五猿。頭なでるとおてて動くんだよ(・∀・)
20130803029.jpg

きんぽとん童子。
きんたろさんとうらしまさんと敦盛さんのようなよい子に育ちますように。
20130803030.jpg

シベリア満蒙戦没者慰霊碑の前に居るミーシャぐま。
向かって左の子。
20130803031.jpg

右の子。
20130803032.jpg
左の子の頭をなでると曲が流れますと説明書きが。
なでました。
『べべん!』といきなりでかい音が鳴ったのでわし本気でビビりました…(;∀;)
須磨発祥の一絃琴で奏でた『異国の丘』が流れます。
シベリア満蒙戦没者慰霊碑を見て異国の丘聞いてくまちゃん達見て泣きそうになったというか半泣きでした。
切なくなってきちゃってな。
慰霊碑のてっぺんの御釈迦さま(かな?)は蓮の花持って雪の結晶の後光背負ってさ。
亡くなった方がふらっと来てさ、くまちゃんかわいいねって和んでくれたらいいなって思った。

本坊・書院。
こちらは書院。本坊も撮ったんですけどね、イマイチだったので載せませんわ…。
20130803033.jpg

花が綺麗。
お寺さんの色から花の色見るとすごく鮮やか。
20130803034.jpg

20130803035.jpg

何故須磨寺に来たか。
このぶじかえるさんに会いたかったからですよ!
ビックリしたい人は目を回して、借金してる人は首を回してって。
どっちも回しました。和むw
20130803036.jpg

七福神マニコロ。
七福神を回しながら拝むんですよ。
20130803037.jpg

注意書きはよく読んでね。
20130803038.jpg

ぶじかえるさんをほんのちょっとだけカッコよく撮ってみたかったので。
20130803039.jpg

わらべじぞう。
ひとつひとつ読むと非常にほっこりする。和むなぁ(*´ω`*)
20130803040.jpg

源平の庭。
手前が熊谷直実公、奥が平敦盛公。
20130803041.jpg
直実さんが敦盛さんを助けたいという気持ちがわかるような気がする(あえてさん付け。勝手に親しみをこめて)。
『敦盛の最期』は国語の授業で習いましたが、いつ読んでも涙が出て来る。
時代が違ってたら敦盛さんは死ぬことはなかったんだろなぁって。
(知らない人のためのオレ語訳を打ち込んでたがあまりにもバカすぎて消した)

須磨寺、見るものがいっぱいで時間を忘れそうになるくらいです。
半分くらいしか見てないんじゃないかなぁ。時間的なものもあったし見るのは辛いものもあったし。
シベリア満蒙戦没者慰霊碑や敦盛さんの首塚は写真撮ること出来なかった。見ちゃうと込み上げてくる。傍に寄ることすら出来なかったよ。
親子地蔵も見て辛かった。家庭不和が原因で船から身投げする母親と娘の霊を慰めるためのお地蔵さまだもん(映画や舞台にもなった『須磨の仇花』のモデルだそうで)。
旅先でお寺さんにお参りに行くのもすごく久し振りで(ここ数年は主に神社さんにお参りしてたから)、心に響いた。
だからこそのおもろいもんなのかもしれない。すごいほっこりしたもんな。
宝物館はおもしろいですよ。展示がおもしろい(敦盛さんの青葉の笛や幽霊絵があったり。わしは直実さんの扇持って馬に乗ってる後姿の錦絵がすごく気に入ってる。馬の前に千鳥の群れが飛び立ってるの。小石人形もいい味出してる)。
この日の夜Barで一緒になったおにいさんが須磨寺を『FUNKY&POP』って表現したの、ドンピシャだと思う。
切なさとおもろさの融合、なかなかないですわ。

恥ずかしい話、わしは源平の戦いって壇ノ浦だけでやってたんだと今まで思ってたんですよ。
この辺りの歴史にあまり興味なかったし(じゃあ何処に興味があるんだと言われると困る。ガッコの授業嫌い)、国語で習った時も登場人物については説明してたけど土地の説明は受けてなかったし。
昨年神戸に行った時なんで大河ドラマフューチャーしているのかもわかってなくて。
だから簡単ではありますが今回神戸に行くにあたって勉強しました。
おもしろかったですよ。うん。
また須磨寺にお参りしたいし、神戸の街をもっと歩きたい。

そんな感じでタイムアップで三宮に戻りまーす。
関連記事
スポンサーサイト



コメント 0件

コメントはまだありません